自分の髪との和解

白髪とは、毛根のメラニン色素がバカになることです。

シャキシャキと黒い髪を作ってくれなくなることです。

人間は、黒いものが白くなると大きくイメージが変わります。

今、体の中で黒いものと言えば、毛と瞳です。

その、体の中で大きく面積を占める毛が、徐々に白いものと入れ替わってきています。

わたしは、じわじわとそのイメージを変えつつあるのです。

ボタニカルエアカラーフォームの本音の口コミを徹底レポート!

頭皮の毛根も、皮膚のたるみとともに形を変えるらしく、そこから生える毛はまっすぐでもつやつやでもなく、ぐりぐりと歪んだパサついたものです。まるでところてんの押し出される穴が、いびつな状態のようです。

髪は、死んだ細胞です。

だから痛覚もありません。

その代わりに、後付けして栄養を与えてもなかなか吸収しないようです。

わたしはせっせと、毛染めやトリートメントを施して艶とコシやハリを取り戻そうとしていますが、髪が伸びるのに要した時間程度は、かけてやらないとだめなようです。

それでも、少しずつ艶は取り戻してきた気がしています。

やっと、自分の髪と和解できそうです。

まだまだわたしは生きるのです。

じっくり自分の髪と、向き合って労わって付き合っていこうと思います。

わたしのイメージを覆すほどの力を持った髪は、大事にすればそのリターンも大きいのですから。